求人を見ていると住み込みが必要な仕事があります。

通勤も可能という所も有りますが何故住み込みなのでしょう。


それは通うのに辺鄙な場所という事が考えられます。
車以外の交通手段を必要としなければならない事も考えられます。

例えば、船を利用しなくてはいけないとなると残業などで帰りが遅くなる時は船の時間に間に合いません。


こういった住み込みの仕事は朝早くから夜遅くまで拘束される仕事に多く見られます。宿泊関係の仕事であれば朝はお客さんの朝食、見送り、清掃といった感じの仕事があります。そしてまた夕方になればお客さんを出迎え、夕食、片付けとなります。

このような場合昼の時間に中空きと言って長い休憩時間があるのが特徴です。

最近では2交代制などにして通いの所もありますが、通うのに不便な場所であれば必要になってきます。

この他に製造系の技術職にも住み込みが見られます。
繁忙期であれば納期があるので夜を徹しての作業となる事も考えられます。

住み込みの求人の情報をお届けします。

また技術を必要とする仕事は若い内からの修業が必要な為、県外等から親元を離れて出てくる人達も多いのです。
住み込みにも色々あり、会社の中に寮がある場合、会社の近くに会社がマンションを借りてくれていたり、会社の持っている寮があったりと様々です。
1部屋に何人で住むのか個室なのか。

Yahoo!知恵袋の情報はすぐに役立ちます。

食事は共同で作るのか、賄いがあるのか。



仕事を決めるにあたって重要なところです。

求人票に詳しく書いてある場合とそうで無い場合があるので、求人担当者に電話で聞いてみたり面接で詳しい話を聞くのが良いでしょう。